営業時間:10:00〜19:00

定休日:水曜日

0952-31-7411

友だち追加

長儒袢とは

きものの下に着る下着。身長に合わせて対丈で仕立て、衿には半衿をかけます。この衿の部分と、袖口や振りからほんの少しの部分しか表からは見えませんが、これが意外と目立つのです。コーディネートを左右する大きな要素の 一つと言ってもいいくらい。手を動かすたびにちらりと覗く色や柄、また後ろ姿でぱっと目を惹く振りに日本独特の「重ねの美」が受け継がれています。たかが 下着と思って気を抜かずこだわりたいものです。

長儒袢とは

1枚目として選ぶなら、クリームやピンクのぼかしなど薄い色で品のよい柄が、なんにでも合い便利です。紬や小紋などのお洒落着には小紋柄や絞り、幾何学柄などの楽しい柄を。濃い地の着物には濃い色も映えます。長襦袢の柄で、季節感を表現したり、帯と関連のある柄をさりげなくのぞかせたり、通は長襦袢に凝るといわれています。

ただ、あくまでも下着である以上清潔感や品の良さが大切。目を惹くだけに、くどい感じにならないよう気をつけて選びましょう。

Copyright(c) 2017 絹乃屋〜KINUNOYA〜 All Rights Reserved.